進撃の巨人

コミックス最新刊も27巻に達し、いよいよ佳境を迎えているのが「進撃の巨人」です。物語はついに主人公エレン・イェーガーと、幼少の頃からの深い絆で結ばれていたはずのミカサ・アッカーマン、アルミン・レルトルトが衝突するところまで来ました。またエレンの異母兄にあたるジーク・イェーガーもやっぱりと言うか、パラディ島におとなしく来たのには裏があり、南京先の巨大樹の森でその正体を現しました。この最新話でジーク・イェーガーを信用しておらず監視任務にあたっていた人類最強の戦士、リヴァイ・アッカーマンでしたが、ジーク・イェーガーの上を行く身体能力を発揮し、これまで以上の技の切れを発揮していました。このリヴァイ・アッカーマンの圧倒的な身体能力は、敢えて従ったふりをして自身の脊髄駅入りのワインを仕込んでリヴァイ以外の調査兵団員を通常の巨人よりも素早い巨人に変化させたジーク・イェーガーも歯が立たず、予想を超えた展開となりました。このままいくと、リヴァイとエレンの対決になるのでは?と興味は尽きません。>>>>>混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話